動物愛護管理法第7条

動物愛護管理法第7条

動物愛護管理法というものがあるのですが、知っていますか?

 

ペットを飼っている人でもほとんどの人は知らないのではないかと思うのですが・・・。

 

ペットフード安全法 だけでペットの健康被害を防げるものではありませんね。

 

ペットの飼い主がペットの生態や必要な栄養素などについて理解し

 

適切な給餌をしなければなりません。

 

そこで、動物愛護管理法なるものが定められているのです。

 

 

動物の飼い主の責任(動物愛護管理法第7条)

 

動物の種類や習性などに応じて適正に飼い、動物の健康と安全を守るように努めること。

 

動物が人に危害を加えたり迷惑を及ぼすことがないように努めること。

 

感染症などの病気の知識を持って、予防に注意するよう努めること。

 

自分が所有していることを明らかにするために、標識をつけるよう努めること。

 

 

 

このような法律があることを知らなくても

 

動物好きの人なら自然にやっていることですよね。