ドッグフードのタイプ

ドッグフードのタイプは大きく分けて3タイプ

ドッグフードのタイプは大きく分けて3タイプがあります。

 

ドライタイプ
ソフトタイプ
かん詰タイプ

 

それぞれの長所・短所

 

ドライタイプ

一番多く利用されているもので乾燥したタイプです。
【長  所】
保存がしやすい
比較的安い
与える量の調節がしやすい
適当な硬さがあるので犬にとっては咬みごたえがある。

 

【短  所】
水分がないので与えるときに水を含ますか、十分な水を補わなければならない。
最初は食いつきが悪いものが多い
便が多くなる。

 

 

 

ソフトタイプ

半分乾燥したタイプです。
【長  所】
少しやわらかいので子犬や老犬にも食べやすい。
ドライタイプより風味があり食いつきがいい。
少量でも十分なカロリーが摂れる。
ドライフードほどではないが比較的長期間保存できる。

 

【短  所】
カロリーが高い分、食べ過ぎると肥満になりやすい。
長く置きすぎると乾燥したり、虫がついたりする。味も落ちる。
比較的高価。

 

 

 

かん詰タイプ

【長  所】
水分を多く含んでいるため水の補給にあまり神経を使う必要がない。
他の2種類(ドライタイプ・ソフトタイプ)と比べると一番食欲をそそる風味を持っている
長期保存がきく(開けない状態に限る)

 

【短  所】
値段が高い
開けた後は短時間しか保存できない。
栄養バランスがない