犬に与えてはいけない食べ物

 

犬に与えてはいけない食べ物、食材

 

犬には与えてはいけない食べ物・食材があります。

 

このページでは
環境省が「与えることは避けたいもの」としている食材とその理由をご紹介

 

先ず代表的なものに「タマネギ」があります。

 

【タマネギを与えてはいけない理由】

タマネギにはアリルプロピルジスルファイドという成分が含まれていて
犬に大量に食べさせると赤血球が破壊され嘔吐したり、血尿や下痢、発熱を起こす恐れがあります。

 

腸内で発酵しガスを発生させるとも言われています。

 

「煮たり焼いたり調理すればいいんでしょ?」と思われるかもしれませんが
この成分は加熱しても分解されません。
なのでハンバーグやカレーなどタマネギが入っている加工食品にも要注意です。

 

すき焼きの煮汁や味噌汁などもタマネギが入っている場合は与えないほうが無難でしょう。
上に「大量に」と書きましたが「●グラム以上が大量」という決まりもないので
「少しでも与えてはいけない」と認識していたほうが無難でしょう。

 

同じ成分が入ったものに長ネギ、にんにく、ニラなどがあります。

 

【ぶどう・干しぶどう】

ぶどう・干しぶどうを犬に与えると腎不全になる可能性が高まります。
特に、ぶどうの皮は与えてはいけません。

 

【キシリトール】

キシリトールは人間用のガムやお菓子に含まれていることが多く
人間にとっては虫歯予防によいとされていますが

 

犬の場合少量でも血糖値の低下、嘔吐、肝不全を起こすことがあるので
非常に危険なものと認識しておきましょう。

 

【香辛料】

犬は香辛料に対する耐性が低いため肝臓障害を起こす可能性が高いです。

 

【鶏の骨】

鶏の骨は縦に裂けやすいため先がとがった形状になるため
のどや消化器官にささったり傷つけたりすることがあるので危険です。

 

以上、タマネギ、ぶどう・干しぶどうキシリトール、香辛料、鶏の骨が
環境省が「与えることは避けたいもの」としている食材です。