犬に与えない方がいい食べ物

犬に与えない方がいい食べ物

犬の食事などで与える時に注意が必要な食材
与えない方がいい食材、与え過ぎない方がいい食材があります。

 

【イカ、タコなどの魚介類】

イカやタコ、生魚、スルメなどは消化が悪いので下痢や嘔吐の原因になる可能性があります。
また、喉に詰まることもあります。

 

魚の骨は硬くて尖っているものは鶏の骨と同じように与えないほうが無難です。
人間の幼児に魚を与えるときは骨をとってあげますよね。それと同じ感覚で。

 

【カニ、エビなどの甲殻類】

カニ、エビなどの甲殻類はビタミンB1を分解する酵素を持っているため
(生のイカや貝類も含む)
しかし、加熱調理したものは問題ありません。

 

【ほうれん草】

ほうれん草にはシュウ酸が多く含まれているため
シュウ酸カルシウム尿石症の原因になります。
(シュウ酸の量を減らすには茹でてアク抜きをしましょう)

 

【豆類、ナッツ類】

生の豆ナッツ類も消化が悪いので下痢や嘔吐の原因になります。
加工した豆類、納豆とか豆腐などは消化不良にはなりませんが
マグネシウムが多いため結石になりやすいといわれています。

 

【チョコレート】

犬にチョコレートを与えるとテオプロミンが原因で嘔吐、下痢、発熱、けいれんの発作などを起こす危険性があります。愛犬の届くところに置きっぱなしにしないよう気をつけましょう。

 

【コーヒー、紅茶、緑茶】

カフェインの入った食材、飲み物は嘔吐、下痢、体温不調、多尿、尿失禁、テンカンの発作を起こす危険性があります。

 

【生卵】

生卵のアビシンという酵素は、皮膚炎、成長不良の症状を起こす危険性があります。
(加熱調理した卵は問題ありません)

 

【砂糖】

糖質吸収などのため、ビタミンB1やカルシウムが余分に使われビタミンB1欠乏症やカルシウム不足の症状を引き起こすことがあります。

 

【にぼし、海苔】

マグネシウムを多く含むため摂りすぎると尿路疾患を引き起こすことがあります。

 

以上のような食品・食材を与えるときは注意が必要です。
与え過ぎにも気をつけましょう。